思い切って決めました

家族に言わずにお金の借入をしていたところ、とうとう払えなくなり、債務の整理をする事にしました。

おもったより大きい借金があり、もう返すことが出来なくなったのです。相談に乗ってくれたのは巷の弁護士事務所でおもったより安い金額で債務を整理してくれました。処分する借りたお金を、債権者ごとに選択できるのが任意整理です。

ですので、契約している携帯電話会社の債務をそのままにしておくことで、携帯電話が債務整理で処分される可能性はありません。
特に制限なく新規の契約や機種変更も行なえるのですが、分割払いはできない可能性が高く、機種料金は一括で払う必要があります。

けれども、今までの携帯料金が未払いのままのケースでは、このようにはいかないでしょう。
期日通りの返済ができないと、債権者から翌日に確認があります。

そこで遅れてでも支払う日を伝えれば、特に期日までは連絡もなく事は済みますが、遅れて支払うヤクソクを反故にしてしまうと、また借入先から督促の連絡が入るようになり、取り立て行為になるのも時間の問題でしょう。
努力しているのにも関わらず長期的に見て返す不能な状態に陥ったら、一旦債務整理をして身辺の立て直しを計るのが有効です。掛け捨てなら関係ないのですが、返戻金がある生命保険だと、債務を整理の種類によっては解約が必要なケースもあります。

自己破産については、保険を解約した返戻金を返済に充てる必要があります。一方、個人再生の際は、自己破産とは異なり解約する必要はありませんが、解約して戻ってくるお金は資産扱いされますから、その額次第で返済額が増えるという事態も想定されます。

裁判所を通さない任意整理では解約する必要はなく、返済額に影響することもありません。
借金生活から抜け出すには

思い切って決めました
トップへ戻る